冷凍チャーハン

ねぎ塩カルビのパンチ力と炒め感が最高の冷凍チャーハン「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」を実食!

袋のまま食べる冷凍チャーハン「WILDish」から「ねぎ塩豚カルビ炒飯」が登場

この記事では、マルハニチロの冷凍チャーハン、「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」を食べてレビューしています。

お皿の要らない「スタンディングパッケージ」採用の冷凍チャーハン新作

今回食べていくのは、マルハニチロの「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」。「WILDish」シリーズは、お皿を用意する必要のない「スタンディングパッケージ」を採用していることが売りで、これまでにの他に、すでにレビュー済の「焼豚五目炒飯」、「エビピラフ」、「チキンライス」、「豚キムチ炒飯」の4品をレビューしてきた。今回は。


濃い味の冷凍ピラフ!マルハニチロ「WILDish エビピラフ」を食べてみた!

外袋に入れたまま食べる冷凍ピラフ この記事では、マルハニチロの冷凍ピラフ、「WILDish エビピラフ」を食べてレビューしています。 ワイルディッシュのエビピラフ 今回食べていくのは、マルハニチロの「 ...


売りは皿要らずだけじゃない!マルハニチロ「WILDish チキンライス」は全方向に濃厚味だった!

お皿のいらない冷凍チキンライス この記事では、マルハニチロの冷凍チキンライス、「WILDish チキンライス」を食べてレビューしています。 ワイルディッシュのチキンライス 今回食べていくのは、マルハニ ...


濃厚冷凍キムチチャーハン!マルハニチロ「WILDish 豚キムチ炒飯」を実食

袋のまま食べる冷凍チャーハン「WILDish」の冷凍豚キムチャーハン この記事では、マルハニチロの冷凍チャーハン、「WILDish 豚キムチ炒飯」を食べてレビューしています。 「スタンディングパッケー ...

「WILDish」は、スタンディングパッケージの他にも、どの商品も味が強めで、パンチのある味に仕上がっているのも特徴となっている。これまで食べたいずれの商品も、お手軽さだけではなく味でも大いに満足することができた。

今回、「ネギ塩豚カルビ」なんていう、いかにも強いが想像できる商品なので、これまでの「WILDish」以上にパンチのある味に期待したい。

マルハニチロ「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」はどんな商品?

内容量は250gの1人前サイズ

内容量は250g。コンビニで売られている1人前サイズの冷凍チャーハンに比べると量は多いが、一般的な冷凍チャーハンの400~450gに比べると少ない。皿要らずでの形状で1人前と考えると十分なサイズろ言える。大体200円オーバーで売られているので、1人前の各設定としてはちょっと高額だが、びっくりするほど高いわけではない。

いつもなら冷凍状態の内容物を撮るところだが、今回は袋のままレンジに入れるので、内容物は撮ることができない。

栄養成分表示(250gあたり)

内容量 250g エネルギー 520kcal
たんぱく質 12.3g 脂質 21.5g
炭水化物 69.4g 食塩相当量 3.9g

カロリーや脂質の数値が高くなっており、特に脂質は「本格炒め炒飯」並。かなりこってりしていそうだ。

皿要らずのスタンディングパッケージは便利

袋のまま皿の上にのせてレンジ調理。調理後、袋の上部を切り取ることで、皿要らずで袋を容器にして食べることができる。皿が要らない、皿を洗わなくて良いというのは、出先だったり一人暮らしだったりする場合はかなり便利。

今回は中身をきちんと撮影する必要があるので、いつも通り大皿に開ける。せっかくのスタンディングパッケージなのにもったいないがしょうがない。スタンディングパッケージは素晴らしい。

マルハニチロ「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」を食べる

パンチの強いねぎ塩ダレ

鶏ガラのベースに、焼肉などでおなじみのねぎ塩ダレの味。強い胡椒が効いた塩味で、パンチの強さが際立っている。ねぎの香ばしさやにんにくの風味も加わり、冷凍チャーハンの中でも屈指の強い味だろう。こってり濃厚。その上、油脂がたくさん入っていて油で炒めたような風味があり、チャーハンとしての調理感、臨場感が強い。これはかなり良くできている。

他の「WILDish」シリーズも総じてこってり濃厚味だが、今回の「ねぎ塩カルビ炒飯」がその傾向が最も強い。濃い味が好きな方は大満足の味だが、濃いものが苦手な方だと、胡椒が塩気を増幅させる効果があり、デッドラインを超えてきてしまうかもしれない。より若い人向けの傾向が強そうだ。

油脂を含んで炒め感のあるごはん

油が多いため、ごはんは一粒一粒しっかりほぐれてパラッとしているが、油がいつも以上に多く含まれ、しっとり感もある。このシリーズは総じて油が多いので、炒め感がきちんと感じられるごはんなのは高ポイント。他製品との大きな違いであり、名作冷凍チャーハンの「本格炒め炒飯」に匹敵する炒め感だと感じた。

ごはんの量は250g。1人前としては十分な量で、コンビニで売られている170~200g程度の1人前冷凍チャーハンに比べると食べ応えがある。コンビニ1人前チャーハンより量相応に価格が高い。でも価格以上においしさに差がありそう。

焼豚をはじめとして具が豊富

具として入っているのは、豚肉、卵、キャベツ、ねぎ、玉ねぎ。「ねぎ塩豚カルビ」なので豚肉が入っているが、あまり豚カルビ感はなく、普通に細かい豚肉といった感じ。もうちょっと豚カルビらしい肉が欲しいところだが、重厚な味なのでそこまでコストが回らなかったのも理解できる。

卵は細かいが量は多めに入っていて、余剰な油を吸い、ごはんをパラッと仕上げるのに効果があった。野菜類はネギが多くて風味もあり、ねぎ塩らしさが感じられた。またキャベツは冷凍チャーハンでは珍しい具で、焼肉感を出したのかもしれないが、こちらはあまり目立っていなかった。

オススメ度(標準は3です)

マルハニチロ「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」
★★★★★★★☆☆☆(7)

ねぎ塩らしく、ねぎの風味と胡椒のパンチが強く、油の炒め感、臨場感も感じられるチャーハンらしい味。「WILDish」シリーズはいずれも良くできているが、今回がいちばんおいしいかもしれない。「焼豚五目炒飯」と双璧で、チャーハンらしさとこってり濃い味が際立つ。スタンディングパッケージの便利さだけではない、味も大きな売りの商品だった。シリーズの次の新作にも期待したい。

-冷凍チャーハン
-, ,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ