冷凍おにぎり

西友限定のニチレイ「ちょっと贅沢 焼おにぎり」を実食!

西友・サニー限定の焼おにぎり

この記事では、西友とサニーで限定発売されているニチレイの冷凍焼おにぎり、「ちょっと贅沢 焼おにぎり」を食べてレビューしています。

贅沢仕様の焼おにぎりの味やいかに?

今回食べるのは、ニチレイの「ちょっと贅沢 焼おにぎり」。西友やサニーなど西友グループのみで販売されている商品。3個入りで200円ちょっとで入手したのでお手頃価格だが、内容量も80g×3個入りでそれほど多いわけではない。コスパ的には高くも安くもないといったところか。

冷凍食品の焼おにぎりを見渡してみると、一般市販品ではニッスイとニチレイの2強状態で、ニッスイの焼おにぎりがソフト食感&しょうゆが濃いのに対し、ニチレイはカリカリ食感&味は薄めというイメージ。個人的にはニッスイが好みだが、今回の商品は贅沢仕様なのでその流れとは違う商品の模様。

ニチレイ製の冷凍焼おにぎりといえば、ニチレイブランドの商品の他に、セブンプレミアムの「香ばしい焼おにぎり」もニチレイ製。

セブンプレミアム「香ばしい焼おにぎり」を実食レビュー!みりんと一緒に炊かれた甘いごはんが特徴

セブンプレミアムの焼おにぎり この記事では、セブンプレミアムの冷凍焼おにぎり、「香ばしい焼おにぎり」を食べてレビューしています。 105gの焼おにぎりが2個入った商品 今回食べるのは、セブンプレミアム ...

ニチレイ「ちょっと贅沢 焼おにぎり」はどんな商品?

80gのおにぎりが3個入り

今回の商品は、80gの焼おにぎりが3個入っていて、計240g。先ほどのセブンプレミアムの焼おにぎりが105g2個入りで定価税込170円と考えると、重量に比した価格設定はほぼ似通っている。これで贅沢仕様なら安いということになるが、贅沢仕様なのかどうかは食べてみなければわからない。

たた、原材料を見ると、かつおぶしエキスやちりめんじゃこ、ごまなどが入っていて、やはりちょっと贅沢仕様っぽい雰囲気がある。

栄養成分表示(80gあたり)

内容量 240g エネルギー 127kcal
たんぱく質 2.8g 脂質 0.9g
炭水化物 26.8g 食塩相当量 1.2g

1個ずつに分けられるトレイ入り

外装の中には、トレイに入った焼おにぎりが入っている。ただの焼おにぎりではなく、具がいろいろ混ざっていそう。焼き目は濃い色合いとなっている。

トレイは1個ずつにセパレートでき、1個ずつ温めることが可能。セパレートはしてみたものの、今回は3個一気に食べていきたい。

トレイを分割して皿にのせてレンジに入れる。上の写真は調理後に取り出した状態。

ニチレイ「ちょっと贅沢 焼おにぎり」を食べる

だしで濃い味の焼おにぎり

しょうゆ味はそれほど強くないのはこれまでのニチレイ焼おにぎりと共通だが、かつおや昆布のだしがしっかりつけられていて、これまで以上に濃い味。この味ならばニッスイのしょうゆが濃い焼おにぎりに匹敵するレベルの味の濃さと言えるだろう。だしの旨みで贅沢感のある味に仕上がっていた。

焼き目が強くてかたい表面

表面は焼き目がしっかりついている。これもこれまで食べてきたニチレイの焼おにぎりと共通の特徴となっている。表面のごはんが潰れていて、潰れたごはんで表面が形成されている。ニッスイよりも焼おにぎりらしい仕上がり。焼き目は濃いが、しょうゆの味は表面だけで内部までは染み渡っていない。

内部にまで大葉やちりめんじゃこ、ごまが入っている

おにぎりの内部にしょうゆは浸透していないが、だしの味やしっかりついており、加えて大葉、ちりめんじゃこ、ごまが入っている。これは間違いなく贅沢仕様だろう。だしの味が濃いだけではなく、大葉、じゃこ、ごまがそれぞれに風味を効かせており、とても香ばしい、贅沢で香ばしいおにぎり。

これまで食べてきた焼おにぎりはしょうゆとだしの味のみだったが、今回は創作おにぎりとしてとても面白い存在だった。

オススメ度(標準は3です)

西友限定「ちょっと贅沢 焼おにぎり」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

かつおや昆布といっただしの味が強く、おにぎり内部にまで味が浸透、大葉、じゃこ、ごまがしっかり入った焼おにぎり。これまで食べてきたしょうゆとだしの味のみの焼おにぎりとは一線を画す、まさに贅沢な焼おにぎり。これで税込213円ならお得だと感じた。

-冷凍おにぎり
-, ,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ