冷凍チャーハン

日清食品冷凍「チキンラーメン 金の炒飯」を実食レビュー!チキンラーメンの麺の入った冷凍チャーハン

冷凍チャーハン版「チキンラーメン」

この記事では、日清食品冷凍の冷凍チャーハン、「チキンラーメン 金の炒飯」を食べてレビューしています。

チキンラーメンはインスタントラーメンの元祖

今回食べるのは、日清食品冷凍から発売されている「チキンラーメン 金の炒飯」。2014年に発売された、日清食品グループ初となる冷凍チャーハン。何度もリニューアルを繰り返しながら現在に至っている。

「チキンラーメン」といえば言わずと知れたインスタントラーメンの元祖で、「カップヌードル」シリーズと並ぶ日清食品の金看板。チキンラーメンと相性の良いたまごがたっぷり入った「ふんわりたまごのやさしい味わい」が特徴で、チキンラーメンの麺が具として入っている。

比較的多くの店で取り扱いのある商品で、見たことある方も多いのではないかと思う。チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」のイラストが大きく描かれており、インパクトがある。

日清食品冷凍「チキンラーメン 金の炒飯」はどんな商品?

内容量は450gで2人前サイズ

内容量は450gで、他の多くの冷凍チャーハンと同じサイズ。2人前相当。大食いの私からすると1食で食べるのに丁度良い量となっている。いつかこの半分(1人前)を食べて満足するお腹になってみたいものだ。私には絶対的に足りない。

1人前で売られている冷凍チャーハンには180gとか200gのものもあり、これでどうやってお腹を満たせるのか不思議でしょうがない。おかしいのは私のお腹だとは思うが。

栄養成分表示(100gあたり)

内容量 450g エネルギー 200kcal
たんぱく質 4.6g 脂質 7.7g
炭水化物 28.1g 食塩相当量 1.0g

内容物を大皿に開けた状態。卵の多さが際立っている。通常の袋麺の「チキンラーメン」は卵を落とすくぼみがあるだけで卵は入っていないが、カップ麺の「チキンラーメン」だとたくさん卵が入っている。今回の商品はカップ麺版「チキンラーメン」の特徴を受け継いでいる。

日清食品冷凍「チキンラーメン 金の炒飯」を食べる

元祖鶏ガラスープの味?

公式ホームページによれば、鶏ガラスープとしょうゆをベースに、コショウ、ショウガで風味を付けたと書かれている。「チキンラーメン」の最大の特徴である、「元祖鶏ガラスープ」を再現しようとしている。

しかしながら、食べてみてもまったくチキンラーメン感はない。鶏の味がベースになることは伝わってくるものの、チキンラーメンの味を再現するためには、あの油揚げ麺の味が必要なのかもしれない。100人いたら90人以上はこれを食べてチキンラーメンの味とは認識しないのではないだろうか。

鶏ガラベースのやさしい味。濃い味の多い冷凍チャーハンにあっては、このやさしい味は特徴といえる。ただ、冷凍チャーハンの口になっている場合は、物足りなく感じてしまうかもしれない。私は食べてみて、パンチのなさを物足りなく感じてしまった。

また油の存在もあまり感じない。そのため、チャーハンらしい調理感、臨場感みたいなものは皆無。チャーハンよりも炊き込みごはん感が強い。もうちょっとチャーハンらしい味わいが欲しかったところ。

パラパラではないがかために仕上がったごはん

油が少ないことも影響してか、チャーハンらしいパラパラごはんではない。卵がたくさん入っているので、油分が吸われてしまうのかもしれない。この商品は今回以前にも何度か食べているのだが、一貫して油分が少なく、チャーハンらしさに欠けている印象。

パラパラではないが、ごはんはしっかりかために仕上がっている。チャーハンらしさを求めなければ、悪くないごはんなのではないかと思う。

大量の卵で甘みが強い

卵がたくさん入っているのが最大の特徴。粒が大きいため油をたくさん吸ってしまい、チャーハンらしい仕上がりではなくなる弊害はありそうだが、たくさん入っているのはうれしい。卵の甘みが強いため、今回のチャーハンとしてはやさしい味に拍車をかけている。

チキンラーメンの麺が入っていることも売りだが、こちらは量が少なくてあまり目立てていない。何も考えずに写真を撮ってしまい、その結果、麺があまり写っていなくて申し訳ない。でもその程度にしか入っていないということでご理解いただきたい。

他にはネギや生姜が入っているが、あまり目立っていなかった。チキンラーメンにネギというイメージはあまりないので、これはこれで良いのかもしれない。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

インスタント麺の元祖「チキンラーメン」の味を冷凍チャーハンに落とし込んだ商品だったが、チキンラーメンの「元祖鶏ガラスープ」の味を再現しているとは言い難く、チャーハンらしい特徴もあまり見られない。油が少なく調理感に欠け、やさしい味に終始し、たくさん入った卵の甘みも拍車をかけていた。あまりチャーハンらしい特徴を求めなければ、やさしい味の冷凍食品として重宝できそう。

-冷凍チャーハン
-,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ