冷凍チャーハン

冷凍石焼ビビンバの定番商品!マルハニチロ「石焼風ビビンバ炒飯」を実食!

冷凍ビビンバの定番商品

この記事では、マルハニチロの「石焼風ビビンバ炒飯」を食べてレビューしています。

冷凍ビビンバはあまり選択肢がない

今回食べるのは、マルハニチロの「石焼風ビビンバ炒飯」。言わずと知れた韓国グルメの定番だが、冷凍食品で食べようとするとあまり選択肢がない。マルハニチロからは今回の商品の他に「ビビンバ」という商品も出ているが、他はスーパーやコンビニのPB、あとはオーマイから出ているくらい。中でも今回の商品が最も店頭でよく見かける定番の存在と言えるだろう。

マルハニチロは、チャーハンやピラフなど定番の冷凍米飯を揃えつつも、今回の「ビビンバ」や「そばめし」など、目のつけどころが他社とちょっと違っていて面白い部分がある。先日から食べている「WILDish」も他社とは違う着眼点で面白い。今回も楽しみだ。


皿要らずでとてつもなくうまい、マルハニチロ「WILDish 焼豚五目炒飯」という冷凍チャーハンがすごい

お皿のいらない「スタンディングパッケージ」採用の冷凍チャーハン この記事では、マルハニチロの冷凍チャーハン、「WILDish 焼豚五目炒飯」を食べてレビューしています。 鳴り物入りで登場のワイルディッ ...

マルハニチロ「石焼風ビビンバ炒飯」はどんな商品?

内容量は450g

内容量は450gで、一般的な冷凍米飯のサイズ。2人前相当と思われる。1人で食べるとかなり食べ応えがある。

おこげつきのごはんと、牛カルビ肉、自家製ナムルが入っているようだ。おこげがどんな感じで再現されているのか楽しみ。

栄養成分表示(100gあたり)

内容量 450g エネルギー 181kcal
たんぱく質 3.7g 脂質 5.1g
炭水化物 30.1g 食塩相当量 1.3g

一般的な冷凍チャーハンに比べると、カロリーや脂質は控えめ。どちらかというとピラフに近い数値となっている。

牛肉やナムル、たまごが入っている

内容物を大皿に開けた状態。牛肉や、ほうれん草・もやし・ニンジンといったナムルと思われるものが入っている。たまごも入っていて、これは「ビビンバ炒飯」の「炒飯」的な要素だろう。

マルハニチロ「石焼風ビビンバ炒飯」を食べる

刺激は控えめだがビビンバらしい味

コチュジャンやしょうゆが主体の味付けで、ごま油の風味が香り、しっかりナムルっぽい味に仕上がっている。ビビンバらしく辛味や甘みもあるが、辛味はピリ辛以下で、もうちょっと刺激が欲しいところ。ビビンバとはいえ、辛いものが苦手な人やお子様も食べられそうな味となっている。

甘みも、冷食以外で食べるビビンバに比べると控えめ。個人的には、ジャン系でつけられた甘みに苦手意識があるので、今回程度の甘さは歓迎。極端な味は抑え、誰でも食べやすい無難なビビンバの味を志向しているように感じた。刺激を求めるならおすすめできないが、刺激控えめながらビビンバらしさはしっかりあった。

地味にいりごまの香ばしさが感じられ、これが刺激の少ない味の中でアクセントになっている。これが影の味付けの牽引役。

おこげ部分は香ばしいが

今回の商品は、おこげが入った「石焼風」とのこと。おこげがついた部分はたしかに香ばしく、ちょっと焦げた風味を感じられる。焦げ部分の量はそれほど多くなく細切れで、もうちょっとダイナミック&エキサイティングなおこげが欲しかったところではあるが、それでもおこげが入っていることで「石焼風」と名乗ることにまったく問題はない。

ただ、おこげ部分以外にまったく石焼風要素はなく、しっとりしていて混ぜごはんに近い印象を受ける。目立たないだけかも知れないが、焼いた風味みたいなものはごはん全体に必要な気がした。おこげ部分以外は混ぜごはん。

牛カルビ肉やナムル野菜が特徴的

具は、牛カルビ肉、ほうれん草、もやし、ニンジンなどのナムル、そしてたまごが入っている。牛肉は量こそそれほど多くないが、大きな塊が入っていて、牛肉の味をしっかり堪能できる。商品の売りとするからにはもっと入っていて欲しかった気持ちもあるが、まったく存在感がないというわけではなく、十分に及第点には達していた。

ほうれん草、もやし、ニンジンのナムルは、それぞれカットが大きめで、味付けのごま油の風味もあり、きちんとナムル感がある。特にもやしが大きめで存在感があった。売りにするのに十分なボリューム。

ビビンバとしてはたまごが面白い。本来ビビンバには、上に生たまごの黄身がのせられているが、今回はいりたまごが散りばめられている。これは確かに「ビビンバ炒飯」。赤っぽいごはんと黄色いたまごの組み合わせで、見た目の色合いが良い。

オススメ度(標準は3です)

マルハニチロ「石焼風ビビンバ炒飯」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

冷凍米飯では比較的珍しいビビンバを食べてきた。辛味や甘みといった刺激は物足りないものの、コチュジャンベースにごま油を効かせた味付けはしっかりビビンバらしく、具として入っているナムルもビビンバ感を高めていた。おこげ入りでしっかり石焼風です。誰が食べてもおいしいと思えそうな味で、悪く言えば無難だが、定番商品としてレンジの広い味と言って良いだろう。

-冷凍チャーハン
-, ,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ