冷凍チャーハン

ファミマの「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」は豚脂の力強さが光る!

ファミマ「お母さん食堂」シリーズの冷凍チャーハン

この記事では、ファミリーマートの冷凍チャーハン、「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」を食べてレビューしています。

「お母さん食堂」の安価冷凍米飯のひとつ

今回食べていくのは、ファミリーマートのプライベートブランド「お母さん食堂」の冷凍チャーハン、「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」。製造はニチレイが担当している。冷凍チャーハンといえば最も信頼できるブランドがニチレイだと感じているので、安価でもこの商品は非常に楽しみ。

定価税込150円で購入できる、1人前の冷凍チャーハン。他にチキンライスやエビピラフもラインナップされている。ライバルであるセブンやローソンからも、PBで1人前の安価冷凍チャーハンが出ており、ローソンのものは以前レビュー済だが、当時からリニューアルされているので近日中に再レビューする予定。

ローソンセレクト「5種の具材を入れふっくらパラッと仕上げた炒飯」を実食!

ローソンの小袋冷凍チャーハン この記事では、ローソンセレクトの冷凍チャーハン、「5種の具材を入れふっくらパラッと仕上げた炒飯」を食べてレビューしています。 テーブルマーク製のローソン冷凍チャーハン 今 ...

今回の商品の売りは「XO醤香る」とのこと。以前セブンから発売されていた「」もXO醤を使用した冷凍チャーハンで、製造は今回と同じニチレイ製。同じような味の傾向が見られるかもしれない。ニチレイの冷凍チャーハンの、特に「本格炒め炒飯」や「すみれチャーハン」のようなパワフルな味というよりは、旨みが先行する味という印象で、XO醤油の存在を特に強く感じたわけではないものの、完成度の高い商品だった。現在は「直火炒め 極上炒飯」という商品名で販売されている。

セブンプレミアム「XO醤のうま味 極上炒飯」を実食レビュー!

セブンプレミアムの誇る極上チャーハン この記事では、セブンプレミアムの冷凍チャーハン、「XO醤のうま味 極上炒飯」を食べてレビューしています。 セブンプレミアム&ニチレイの黄金タッグ 今回食べ ...

ファミマ「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」はどんな商品?

1人前としては少なめの内容量170g

内容量は170g。今回の商品は定価が税込150円で、200gで税込138円のローソンの冷凍チャーハンに比べて高めの価格設定となっている。

原材料を見ると、「オイスターソース」や「XO醤」、「えび醤」といった、普段の冷凍チャーハンには入っていない材料が並んでいる。いつもとは一味違う味わいが期待できそう。

栄養成分表示(170gあたり)

内容量 170g エネルギー 327kcal
たんぱく質 10.4g 脂質 10.5g
炭水化物
∟糖質
∟食物繊維
48.1g
∟47.1g
∟1.0g
食塩相当量 1.7g

冷凍チャーハンとしては、カロリーや脂質は決して高い部類ではない。このあたりが味にどう影響しているのだろうか。

袋のままレンジへ

袋の角を切って、パッケージの裏面を上にしてレンジに入れる。容器に移し替えなくて良いのはお手軽だが、食べるのには別に容器を用意する必要はありそう。私ならこんなブログ記事を書かないのであれば、袋のままスプーンを突っ込んで食べてしまうかもしれない。

袋の切り口から中身をちょっと覗いてみた。なんだか悪いことをしている気分だが、法律に触れていたりはしないはず。

ファミマ「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」を食べる

濃くて強いしょうゆの味付け

「XO醤・蝦醤・オイスターソースで、奥深い味わいに仕上げ」たとのことだが、味の中心は醤油味で、特にXO醤などを意識することなく普通のチャーハンの味という印象。XO醤やオイスターソースがほのかに香ることで、中華店のチャーハンの雰囲気が多少出ている。先ほど触れたセブンの「XO醤~」は醤油の味よりも旨みが先行していたのに対し、今回は油と醤油の味が前に出た、普通のチャーハン色が強い感じがした。脂質は決して高いわけではないのだが。

ニチレイのチャーハンの特徴として、豚脂の使い方がとても上手いという印象を持っているが、今回の商品も、油が力強く感じられることでチャーハンの炒め感がしっかり出ており、「本格炒め炒飯」や「すみれチャーハン」と共通の特徴を持っていた。正直、XO醤やオイスターソースの効力は限定的だが、普通にニチレイらしいおいしいチャーハンで、安価品ながら納得の味だった。

しっとりめでパラッとしたごはん

ごはんはしっとりめでかたくはないが、きちんとパラッとしている。量が少ない冷凍米飯の場合、多いものに比べてちょっと水分が多く含まれてしまうようなイメージを持っているが、今回はそんなことはなく、しっかりチャーハンらしい食感を維持している。味付けにバラつきもなく、全体に味がきちんと浸透していた。

内容量170gは、一人前としてはちょっと少ない。コンビニおにぎりがだいたい100g前後と考えると、少なくとも200gは欲しいところ。少食の方やダイエット中でなければ、成人男性がこれ1つで足りる場合は少ないように思う。コンビニで買えてお手軽調理なのは魅力だが、お腹を満たすなら他になにか買っておきたいところ。

椎茸やたけのこが中華感を出している

具として入っているのは、焼豚、椎茸、ねぎ、ニンジン、たけのこ。焼豚は決して多いというわけではないが、それなりにしっかり入っている。標準的な量。たまごはちょっと細かいものがたくさん入っていて、ごはんとよく混ざることで、パラッとした食感を生み出している。

特徴的なのが椎茸とたけのこ。ラーメン屋ではなく中華店のチャーハン感が強くなる。椎茸は色んな料理で使われるが、風味は中華感が強いように思う(個人差があります)。たけのこは風味とともにかための食感でも存在感があり、ごはんの中でアクセントになっていた。

オススメ度(標準は3です)

ファミリーマート「お母さん食堂 XO醤香る五目炒飯」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

ファミマで買える1人前の冷凍チャーハン。「XO醤香る」を売りにしているが、特に意識して食べなければ普通のチャーハンとしておいしい。ニチレイチャーハンらしい豚脂の力強さが感じられ、定価税込170円で楽しめるニチレイチャーハンというところに価値を見出だせる。具として入っている椎茸やたけのこで多少の中華感があり、いつものチャーハンとちょっと違うと感じられる部分もあった。

-冷凍チャーハン
-, , ,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ