冷凍ピラフ

ファミマで買える「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」を実食!

ファミマ「お母さん食堂」シリーズの冷凍ガーリックピラフ

この記事では、ファミマの冷凍ピラフ、「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」を食べてレビューしています。

「お母さん食堂」の大袋冷凍ピラフ

今回食べていくのは、ファミリーマートのプライベートブランド「お母さん食堂」の冷凍ピラフ、「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」。製造はニチレイが担当。「お母さん食堂」の冷凍米飯は基本的にニチレイ製造が多い。1人前の小袋が多く出ているシリーズだが、今回の商品は内容量300gで2人前程度を想定したサイズとなっている。

「ガーリックピラフ」とのことなので、おそらくステーキハウスのガーリックライス的なものと思われる。ニチレイからは今回とまさにコンセプトが被りそうな商品、「サイコロステーキピラフ」がラインアップされている。

ニチレイ「サイコロステーキピラフ」を実食!牛肉ゴロゴロのリッチな冷凍ピラフ

豪勢にサイコロステーキを使ったピラフ この記事では、ニチレイの冷凍ピラフ、「サイコロステーキピラフ」を食べてレビューしています。 「いきなり!ステーキ冷凍ピラフ」と競合する商品 今回食べるのは、ニチレ ...

ファミマ「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」はどんな商品?

内容量300gで大盛もしくは2人前サイズ

内容量は300g。「お母さん食堂」には170gほど入った1人前サイズの冷凍米飯が多いが、今回の商品は300gで大盛サイズもしくは2人前サイズと言ったところ。個人的には、大の大人が2人で食べるには300gだと少ない。親御さんと小さいお子様とか、ちょっと大食いの方が食べる1人前くらいの感覚。

原材料を見ると、「牛肉」、「ビーフエキス」の文字が見られ、ステーキハウスのガーリックライス感が漂う構成となっている。

栄養成分表示(300gあたり)

内容量 300g エネルギー 491kcal
たんぱく質 12.9g 脂質 7.8g
炭水化物
∟糖質
∟食物繊維
93.3g
∟91.2g
∟2.1g
食塩相当量 4.3g

先程触れた「サイコロステーキピラフ」と比較すると、100gあたりの栄養成分においてカロリーが低く、特に脂質に違いがありそう。あちらは「サイコロステーキ」を売りにする商品なので、肉の量に違いがあるからかもしれない。

袋の角を切り取ってレンジに入れる

容器に移し替えたりラップをしたりする必要はなく、袋の角の切り取り線に沿って切り取り、そのままレンジに入れるだけ。コンビニの冷凍米飯はこのお手軽スタイルが多い。店頭のレンジで温めることを念頭に置いているからだろう。その割にコンビニに置かれている業務用レジでの調理時間がパッケージに書かれていない場合が多いのだが。

ファミマ「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」を食べる

牛脂の風味にガーリックと黒胡椒を効かせたしょうゆ味

味付けは、ガーリックや胡椒を効かせたしょうゆ味。味はかなり濃いめで、強いしょうゆ味に加えてガーリックでパンチを効かせ、胡椒で味を整えている。牛脂の旨み、風味が感じられるため、ステーキハウスのガーリックライスの雰囲気がしっかり出ていた。ガーリックと胡椒が特に強いため、キリッと引き締まった味だと感じられた。

先程から触れている「サイコロステーキピラフ」と味を比較すると、ガーリック以外の味は全体的に穏やになっている印象。特に牛脂の効きが穏やかになっており、先に「サイコロステーキピラフ」を食べている方にとっては多少物足りなく感じそう。こちらの商品だけ食べる分には、ガーリックと黒胡椒で十分にパンチがあって濃い味。

ちょっと細長くてパラパラしたごはん

ごはんは、油脂をまとってパラパラしており、ちょっと細長めの形状。国産米を使用しているとのことなのでインディカ米ではないと思うが、なにか特殊なお米なのかもしれない。かなりパラパラしていて、いつも食べているごはんとは明らかに違うように思う。

内容量は300g。「本格炒め炒飯」など、一般的な冷凍チャーハンは450g入っていることが多いが、今回の商品は300g。大人が2人で食べるには400gは欲しいところなので、食が細い人を含む2人前、もしくは男性の1人前サイズと言ったところだと思う。私は人並み以上に大食いだが、これ1袋では多少足りない感じがした。

牛肉やインゲンなど具が充実

具として入っているのは、牛肉、インゲン、赤ピーマン。牛肉は結構な量入っていて、食べ応えがある。カットも大きめ。脂身はそれほど多くないが、肉感はしっかりしている。内容量300g入りで定価税込300円はちょっと高めだが、これだけ具がリッチなら納得もできるだろう。インゲンや赤ピーマンもしっかり入っていた。

「サイコロステーキピラフ」と比較すると、さすがに「サイコロステーキ」を売りにする商品に対して肉の量は少なくカットも小さい。こちらは十分頑張っているが、相手が悪いとしか言いようがない。取得できる価格は似たようなものなのでこちらにメリットはあまりないが、コンビニで手軽に手に入れられると考えれば納得できなくもない。

オススメ度(標準は3です)

ファミリーマート「お母さん食堂 肉うま!ビーフガーリックピラフ」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

ファミマで買える「ビーフガーリックピラフ」。確かにステーキハウスで食べるガーリックライスの雰囲気が出ていたが、ちょっと価格高めがネック。味ボリューム肉の量すべてで勝る「サイコロステーキピラフ」が今回と同じくらいの価格で手に入れられてしまうところが厳しい。価格を抜きにするとしっかりパンチがあっておいしい

-冷凍ピラフ
-, , ,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ