冷凍ピラフ

ニチレイ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」

3種のきのこ入り冷凍ピラフ

この記事では、ニチレイの冷凍ピラフ、「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」を食べてレビューしています。

トリュフやポルチーニの香る高級感あふれる冷凍ピラフ

今回食べるのは、ニチレイの「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」。3種のきのこの入ったおしゃれなパッケージの商品。おそらく先日までニチレイ商品でラインナップされていた夏向け商品「厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ」に置き換わる商品と思われる。ある程度女性向けを意識していそうだ。

ニチレイ「厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ」を実食レビュー!アスパラいっぱいの冷凍ピラフ

色鮮やかさが際立つ冷凍ピラフ この記事では、ニチレイの冷凍ピラフ、「厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ」を食べてレビューしています。 強く女性を意識したと思われる商品 今回食べるのは、ニチレイの「厚切り ...

ポルチーニの旨味とトリュフの香りが特徴の、3種のきのこを使ったバターしょうゆ味のピラフということで、女性だけではなく男性も食べてみたい味出はないだろうか。私もこんなブログをやっていなかったとしてもおそらく手に取っていたと思われる。

茶色を基調とした暖色系のパッケージで、いかにも秋冬商品らしい佇まい。ほっこりする味に期待したいところだが、別に好きなので濃厚こってり系でも構わない。むしろそれが良いまである。「厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ」のレベルがかなり高かったので、どうしてもハードルは上がってしまうが、果たしてどうだろうか。

ニチレイ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」はどんな商品?

内容量は430g、目立つポルチーニパウダーと白トリュフオイル

内容量は430gで、冷凍米飯の標準的なサイズ。2~3人前を想定しているものと思われる。「厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ」と同じ量だ。私はもちろん1人前としていただく。

原材料を見ると、「乾燥ポルチーニパウダー」と「白トリュフオイル」に目が行く。とりあえずごはんをバターとしょうゆで炒めとけば満足できてしまう、安上がりな味覚を持つ私のような人間には多少敷居が高い気もする。バター醤油味と言いつつも、おそらくそれほど極端にバター醤油味というわけではないのだろうと想像がつく。

栄養成分表示(100gあたり)

内容量 430g エネルギー 184kcal
たんぱく質 2.9g 脂質 5.1g
炭水化物 31.7g 食塩相当量 1.0g

きのこがたくさん

調理前の内容物を大皿に開けた状態。きのこ、特にエリンギとひらたけの存在が目立つ。角ばっているのがエリンギ、丸っぽいのがひらたけだと思われる。2つのきのこに比べるとしいたけはちょっと小さめで量も少なそう。

他にはインゲンの緑が目立っていた。今回バター醤油味とのことだが、それにしてはごはんについている色がうすい。やはり単純にバター醤油味というわけではなさそうだ。

ニチレイ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」を食べる

ブイヨンベースにバター醤油が香る

味付けの中心となっているのは、ブイヨン系の味。ブイヨンの旨みにバター醤油が香り付けとして機能している印象。すわバター醤油味と期待したが、案外普通の味という印象。ただ、だからおいしくないかと決してそういうわけではなく、ブイヨンの旨味にちょっと強めにつけられた塩け、そしてバター醤油がアクセントとして香り、これはかなりおいしい。一般的なピラフの範疇を出ない種類の味というだけで、味は優に今週末の有馬記念に出走できるレベル。内枠に入ったら馬券は買っておきたいところ。

加えて、ポルチーニとトリュフもしっかり香っている。トリュフはあの独特な強い風味が後味でしっかり感じ取れ、高級感を加えている。ポルチーニは全く和風要素がないにもかかわらず、なぜかしょうゆ味と相性が抜群で、今回もバター醤油が香ることでポルチーニの旨味がうまく持ち上げられているように感じた。ブイヨンがメインだとは感じたものの、複合的な味で奥深い。

ごはんはしっかり炒められていて味も浸透

ごはんは、しっかり炒められていて、油がよく絡まることでピラフとしてはパラパラ感があった。パラパラなことで、ちょっとライトな食感になって高級感のある味付けと相まって洋風感、おしゃれ感が強くなっている。

また、ごはん内部まで味もしっかり浸透していて食べやすい。パッケージやメーカーサイトで、牛乳と粉チーズを合わせてリゾット風で食べることが推奨されているが、これだけしっかり味が浸透していれば、リゾット風にしても牛乳やチーズに味が負けずにさぞおいしかろうと想像できる。

エリンギとひらたけがたくさん

具として入っているのは、エリンギ、ひらたけ、しいたけ、いんげん、赤ピーマン、たまねぎ。

特に目立っているのはエリンギとひらたけ。エリンギはやや角張った形状で、カットが大きい。口に入れるとエリンギ独特の風味や食感がしっかり感じ取れる。ひらたけはエリンギに比べると小さいが、それでも結構大きめ。こちらは味よりも食感が目立っているように感じた。

しいたけやいんげんもそれなりに目立っている。しいたけはカットは上記2つのきのこに比べると小さいが、味はしっかりしていた。いんげんは鮮やかな緑とちょっとかための食感でアクセントを加えている。赤ピーマンは彩りで、たまねぎは具としてよりも味付けの一部として機能していた。

オススメ度(標準は3です)

ニチレイ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

ニチレイの秋冬商戦向け冷凍ピラフ、「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」を食べてきた。ブイヨンベースにバター醤油や白トリュフ、そしてポルチーニの風味を加えた複合的な味が特徴で、ごはん内部まで味がしっかり浸透しており、かなりおいしい冷凍ピラフだった。バター醤油味のあのちょっと下品な味は期待できないが、こういう交渉なバター醤油味もあるのかとちょっと驚く。具で入っているエリンギやひらたけも食べ応えがあり満足度が高い。冒頭で女性向けと書いてしまったが、男性が食べても十分に満足できそうな商品だった。

-冷凍ピラフ
-,

© 2020 冷凍チャーハンをひたすら食いまくるブログ